ページTOPへ

債務整理の代位弁済とは?保証会社から一括請求されても解決できる

債務整理の代位弁済とは?保証会社から一括請求されても解決できる

債務整理の代位弁済とは?保証会社から一括請求されても解決できる

> >債務整理の代位弁済とは?保証会社から一括請求されても解決できる

 

保証会社の一括請求の対象方法

 

代位弁済とは? 借金を滞納すると、保証会社が代理で返済を行います

 

代位弁済(だいいべんさい)とは、住宅ローンやカードローンで、銀行からお金を借り、一定期間、滞納をしてしまったときに、借り手に代わって、保証会社が銀行に、一括返済をすることです。

 

借り手に代わると言っても、借金がチャラになるわけではなく、あくまでも一時的な肩代わりという形に過ぎません。

 

また、滞納から1〜2ヶ月時点では、通知書や催促状の送付にとどまり、それでも支払われない場合に、代位弁済が行われることが多いことから、一定期間の目安は、滞納から3ヶ月程度ということがわかります。

 

この手続き以降は、貸し手である債権者が銀行から保証会社に切り替わって、借り手である債務者は、保証会社に返済をしていくことになります。

 

代位弁済の怖いところは、分割返済が認められず、かつ、延滞した場合に発生する遅延損害金も含めた残りの借金を、一括で返済しなければならない点です。

 

もっとも、借金自体を滞納していた状況であるのに、一括で返済するのは不可能なので、多くの場合、代位弁済の通知が来たら、任意整理や個人再生、自己破産という債務整理を行うことになるでしょう。

 

その際は、弁護士や司法書士へ依頼して、手続きを行うとスムーズです。

 

 

一括返済で困ったら債務整理を!

 

 

保証会社や信用保証協会とは? 連帯保証人と同じ役割を担います

 

保証会社とは、連帯保証人に代わる存在で、あなたが支払えなくなった場合、代わりに返済=代位弁済をしてくれます。

 

保証会社=借金を代位弁済

 

私たちが住宅ローンやカードローンを利用する際、担保・保証人なしでお金を借りられる理由は、銀行が、必ず保証会社をつけていて、保証人代わりをしてくれているからなのです。

 

銀行にとっては、貸し倒れリスクの回避ができる、つまり、貸す側・借りる側の双方にメリットが生まれるというわけです。

 

もちろん、ただ借金を代わりに払ってくれるわけではなく、立替えたお金は、債務者にきっちり請求します。

 

これを求償権(きゅうしょうけん)と呼び、保証会社は、あなたに対して、この権利を行使できます。

 

ちなみに、いろいろなサイトを見ると、保証会社の他に、信用保証協会という言葉が出てきますが、こちらは、信用保証協会法に基づき設立された公的な機関です。

 

つまり、保証会社=民間企業、信用保証協会=公的機関という違いであり、どちらも同じ役割を果たします。

 

 

代位弁済をすると、銀行口座が凍結されてしまう! 対処法は2つあります

 

あなたが、弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼すると、その時点で銀行口座が凍結されてしまいます。

 

理由は、これ以上お金を使えないようにさせるのはもちろん、口座にお金が残っている分は、残債と相殺させるためです。

 

債務整理手続きが始まった後で、相殺する意味はないので、凍結される前に、残高を0円にしておかなければなりません。

 

また、口座が凍結されると、お金を引き出せなくなるため、給与の振込先に、その口座を指定している場合には、振込先の変更をしておきましょう。

 

同様に、家賃や光熱費、携帯電話料金の引き落としもできなくなりますので、こちらも、口座の変更をしてください。

 

銀行口座凍結前の注意点

 

ただし、この銀行口座は、永遠に使えないわけではなく、代位弁済が完了した時点で、凍結が解除され、その後は、今まで通りの入出金ができます。

 

銀行口座凍結→うっかりそのまま会社から給与が振り込まれてしまった…そんなときは、こうすれば大丈夫!

 

先ほど、代位弁済による銀行口座凍結の対策として、

 

  • あらかじめ口座の残高を0円にしておきましょう。
  • 勤務先に、給与振込み先の口座変更を知らせておきましょう。

 

の2点をポイントとして挙げましたが、中には、
「代位弁済で銀行口座が凍結されたのに、うっかりそのまま会社から給与が振り込まれてしまった…」
と、困っている方もいると思います。

 

そんなときも、こうすれば大丈夫!という方法をご説明します。

 

 

「銀行口座が凍結されると、振り込まれたお給料が引き出せなくなります」

 

と書きましたが、実際のところ正しくは、

 

「銀行口座が凍結されると、すでに入金済みのお給料が引き出せなくなります」

 

「銀行口座が凍結されると、あらたに振込み入金を受け付けることができなくなるので、お給料が振り込まれなくなります」

 

ということなのです。

 

銀行口座が凍結されると、一切の入出金が行えなくなります。

 

この場合、あなたのお給料を振り込もうとした会社側は、下記のような動きをすることになります。

 

  1. 会社が、凍結されているあなたの銀行口座に、お給料を振り込む。
  2.  

  3. あなたの口座は凍結されているので、振り込まれたお給料は口座には入金されません。しかし、会社の振込み自体は有効に成立します(=振込み手数料発生)。
  4.  

  5. 会社が振り込もうとしたあなたのお給料は、宙ぶらりんの状態になります。会社は、振り込んだのに入金されないあなたのお給料を返してもらうために、「組み戻し手数料」というお金を銀行に支払って、お金を返してもらいます(=組み戻し手数料発生)。
  6.  

  7. 会社は、あなたにお給料を支払う義務が残ります。会社は、時効となる2年間はあなたのお給料を保管しておかなくてはなりません。多くの場合、会社は内容証明郵便であなたにお給料を振り込めなかったことを通知します。振り込むことができなかった日付を確定して、時効となるまでの2年間をしっかりカウントするためです。

 

ただ、あなたには、お給料を受け取る権利があります。

 

お給料は、銀行振込で受け取ることが当たり前になっているかもしれませんが、給与受け取りは本来、「現金受け取り」が基本なのです。

 

そのため、うっかり凍結口座に給与が振り込まれても、問題なく、会社から現金でお給料を受け取ることができます。

 

凍結されたら給与現金受け取り

 

なお、会社によっては、あなたにお給料を渡す際に、今回口座が凍結されていた事情を聞いてきたり(会社は銀行からは事情を教えてもらえません)、余分に発生した「組み戻し手数料」をあなたに請求してきたりする場合もあるでしょう。

 

いずれにせよ、口座を凍結されている=何かよっぽどの事情があったのだろうと勘ぐられることにもなるので、あらかじめ口座の残高を0円にしてから、勤務先に給与振込み先の口座変更を知らせておくことがおすすめです。

 

 

代位弁済後の対応は? 代位弁済の通知書が届いても、自宅を守る手段はこれ!

 

代位弁済が行われた場合、放っておくと、少しでもお金を回収しようとして、保証会社が、競売手続きを行います。

 

競売(けいばい)とは、所有する不動産を差し押さえ、強制的に売却することです。

 

つまり、持ち家を競売にかけられてしまうと、家を手放さなければならなくなります。
そこで、競売を回避し、自宅を守る方法についてお伝えします。

 

1つ目は、リースバックです。

 

リースバックとは、親族や投資会社、投資家などの第三者に一旦、自宅を買い取ってもらって、以降は、売却したお金を使い、買い手に賃貸料として渡す形で、自宅を維持する仕組みです。

 

住み慣れた自宅に住み続けられるメリットがありますが、買い手を見つけることは、容易ではありません。

 

2つ目は、個人再生における、住宅ローンの巻き戻しです。

 

債務整理手続きの1つである個人再生では、住宅ローン特則といって、借金を圧縮しながら、自宅を残せる方法があります。

 

そして、代位弁済が行われてしまっても、6ヶ月以内に個人再生の申立てをすれば、代位弁済前の状態に戻し、なかったことにできる、これが住宅ローンの巻き戻しです。

 

個人再生なら自宅を回収されない

 

銀行に月々、分割返済をしていかなければなりませんが、住宅にそのまま住み続けることができるのです。

 

どちらの方法も、手続きが難しいため、弁護士および司法書士等の専門家に相談するといいでしょう。

 

借金がいくら減るか今すぐ計算

 

あわせてよく読まれている記事



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求