ページTOPへ

ブラックリストとは?債務整理でクレジットやローンが使えなくなる?

ブラックリストとは?債務整理でクレジットやローンが使えなくなる?

ブラックリストとは?債務整理でクレジットやローンが使えなくなる?

> >ブラックリストとは?債務整理でクレジットやローンが使えなくなる?

 

Q.4 ブラックリストって本当にあるんでしょうか?

 

A.  ブラックリスト自体は存在しませんが、債務整理をした人の氏名と情報が記載される「信用情報機関」「官報」が存在します。

 

「信用情報機関」にはJICC(日本信用情報機構)CIC(指定信用情報機関)などがあります。

 

債務整理をすると、ここに氏名と事故情報(債務整理をしたという情報)が5〜10年間載ります。

 

「信用情報機関」に掲載されると、その間は新たな借金、クレジットカードの利用、新規ローンなどが難しくなります。

 

しかし、この信用情報機関の情報を、一般の人が目にすることはまずありません。

 

たとえば、ネットで「○○○○(あなたの名前) 自己破産」と検索しても、信用情報機関の情報は出てきません。

 

「自己破産」と「個人民事再生」の場合は、信用情報機関に加えて、「官報」と呼ばれる国の広告情報にも、あなたの情報が記載されます。

 

しかし、こちらも一般の人が目にすることはほとんどありません。

 

つまり、ブラックリストらしきものは存在しますが、「ブラックリスト=まわりに全てばれてしまう」という一般的な認識は間違いだと言えるでしょう。

 

借金がいくら減るか今すぐ計算

 

あわせてよく読まれている記事


 


トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求