ページTOPへ

任意整理、自己破産、個人民事再生。債務整理方法を比較して欲しい!

任意整理、自己破産、個人民事再生。債務整理方法を比較して欲しい!

任意整理、自己破産、個人民事再生。債務整理方法を比較して欲しい!

> >任意整理、自己破産、個人民事再生。債務整理方法を比較して欲しい!

 

Q.2 どの方法にすればいいのか分からないのですが……。

 

A.  「任意整理」「自己破産」「個人民事再生」の特徴を知って、どの方法が自分に合っているか判断してみましょう。

 

「任意整理」
安定した収入を得る見込みがあることを条件に、借金の将来利息これから支払う予定だった借金の利息)と遅延損害金決められた期日に借金を支払えなかった場合に発生する延滞利息)をカットしてもらいます。
そして、減額した借金を原則3年で返済させてもらうように、貸金業者に直接交渉します。

 

「自己破産」
裁判所に借金の支払いができないことを認めてもらい、財産の清算などを経て、借金の支払い義務を免除してもらいます。

 

「個人民事再生」
安定した収入を得る見込みがあること&住宅ローンを除いた借金の総額が5,000万円以下であることを条件に、住宅や高価な財産を手元に残したまま、借金を大幅に減額してもらいます。

 

どの方法が自分に合っているか分からない人は、以下の方法で自分に合った債務整理を判断してみましょう。

 

@あなたの月収−生活費(住居費などを含む必要最低額)
A残りの借金の元本の総額÷36

 

@とAをくらべて、@の金額が多い人は、「任意整理」がおすすめです。

 

@とAをくらべて、Aの金額が多い人は、「自己破産」「個人民事再生」が適しています。

 

元本だけなら3年間で返済できるという人は、「任意整理」で利息をカットし、裁判所を通さずに無理のない返済が可能となります!

 

また、マイホームや手放したくない財産がある人は、「個人民事再生」を選べば、今と変わらない環境で生活を続けながら、大幅に減額された借金を返していけます!

 

安定した収入や高価な財産のない人は、「自己破産」によって、借金の支払い義務が免除されます!

 

どの方法にするかは、専門家に相談すると、あなたに合った債務整理の方法を一緒に考えてくれますし、手続きもスムーズにいきますよ。

 

借金がいくら減るか今すぐ計算

 

あわせてよく読まれている記事



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求