ページTOPへ

債務整理とは?メリットやデメリット、借金やローンの解決方法を紹介

債務整理とは?メリットやデメリット、借金やローンの解決方法を紹介

債務整理とは?メリットやデメリット、借金やローンの解決方法を紹介

>債務整理とは

 

借金問題を解決へ導く債務整理

 

「返しても返しても、借金が減らない……」

 

「返済だけで給料のほとんどがなくなってしまう……」

 

「返済しても利息しか減らないから、元本が一向に減らない……」

 

「苦しいけど誰にも相談できない……」

 

借金問題を抱える方の多くは、このように悩まれています。

 

債務整理は、そんな苦しみや悩みを解消する手段のひとつです。

 

 

借金の無料診断シミュレーター

 

 

 

 

債務整理とは?

 

債務整理とは、簡単に言うと多額の借金を負った人が、生活の再建を目的に、借金の負担額の軽減もしくは免除を受ける手段です。

 

「自分はどのような債務整理をすればいいの?」とお悩みの方は、まず以下の判断基準で計算してみましょう。

 

債務整理の判断基準

 

@あなたの月収−生活費(住居費などを含む必要最低額)
A残りの借金の元本の総額÷36

 

@で出した金額は、あなたが月々の生活を圧迫することなく返済にあてられる金額です。

 

つまり、@の金額が月々無理なく「返せる借金」になります。

 

次に、Aで出した金額は、残りの借金を3年で返すと想定した場合に、あなたが毎月支払う借金の返済額です。

 

つまり、Aの金額が毎月「返さなければいけない借金」になります。

 

なぜ36で割るのかというと、債務整理の手段である任意整理と個人民事再生では、減額された借金を原則3年間(36ヶ月)にわたって返済していくからです。

 

これを踏まえた上で、@とAの金額、どちらが高くなるかを比べてみましょう。

 

@返せる借金>A返さなければいけない借金となる方は、元本のみなら借金の返済ができるので、任意整理手続きが可能です。

 

逆に@返せる借金<A返さなければいけない借金となる方は、借金の元本の返済が不可能なので、自己破産個人民事再生の手続きがお勧めになります。

 

今の借金を3年以内に、生活を維持しながら返済できない場合は、債務整理によって借金の負担を軽減するのが得策でしょう。

 

ひとりで悩んでいても、借金問題は解決しません。

 

債務整理で生活を建て直し、新しいスタートを切ってみましょう!

 

 

 

 

債務整理の種類

 

債務整理には、「任意整理」「自己破産」「個人民事再生」の3つがあります。

 

債務整理の3つの方法

 

@任意整理
貸金業者との交渉によって、将来の利息や払い過ぎていた利子をカットした借金を、分割で支払っていく手続き。
裁判所を通さずに整理したい借金を選べるので、自分に合った返済プランを立てることができます!

 

A自己破産
借金の支払いを免除してもらう手続き。
月々の返済が免除されるので、新たな人生をスタートを切れます!

 

B個人民事再生
借金を大幅に減額し、分割で支払っていく手続き。
マイホームや財産を手元に残すことができるので、今と変わらない生活のまま、負担を減らすことが可能!

 

くわしくは、それぞれの詳細ページをご覧ください!

 

 

 

 

債務整理Q&A

 

債務整理の質問やお悩みにお答えしています!
債務整理について分からないことはこちらで解決しましょう!

 

債務整理のお悩み相談所



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求