ページTOPへ

任意整理でクレジットカードのポイント失効!消える前に交換しよう

任意整理でクレジットカードのポイント失効!消える前に交換しよう

任意整理でクレジットカードのポイント失効!消える前に交換しよう

> >任意整理でクレジットカードのポイント失効!消える前に交換しよう

 

任意整理でカードポイント失効!

 

任意整理は、貸金業者との交渉によって、借金の減額や利息のカット、支払い回数の変更、過払い金請求などを成立させる、債務整理のひとつです。

 

自己破産や個人再生とは違い、裁判所を通さないので、費用を抑えられたり、時間や手間をかけずに手続きを終えられたりと、メリットの多い手続きだと言われています。

 

しかし、任意整理にはあるデメリットがあります。

 

それは、任意整理をすると手持ちのクレジットカードが使えなくなり、5〜7年程度は新規のカードも作れない、というものです。

 

そして、クレジットカードの停止によって、これまで貯めてきたクレジットカードのポイントもすべて無くなってしまうのです。

 

そのため、任意整理の手続きを始める前に、ポイントを使っておく必要があります。

 

このページでは、任意整理でクレジットポイントが失効する仕組みと、ポイントが消える前にしておくべき注意点を、詳しく紹介していきますね!

 

 

任意整理は専門家に無料診断

 

 

もくじ

 

  1. 任意整理でクレジットカードのポイントが失効する仕組み
  2.  

  3. TカードやETCなど、他機能と一体型のカードもポイントが失効する?
  4.  

  5. ポイントは失効前に景品やマイル、電子マネーに交換しておこう

 

 

任意整理でクレジットカードのポイントが失効する仕組み

 

そもそも、なぜ任意整理をするとクレジットカードやキャッシングの利用ができなくなり、新規申し込みの審査にも落ちてしまうのでしょうか?

 

それは、任意整理をすると、あなたが債務整理をしたという「異動(事故)情報」が、クレジットカード会社の共通ネットワークである「信用情報機関」に登録されるからです。

 

信用情報機関とは、いわゆるブラックリストですね。

 

クレジットカードやカードローンの会社は、カードの新規申し込み時や契約の更新月だけでなく、定期的にこの信用情報機関を確認し、延滞や遅延がないかどうか、チェックしています(「途上与信」と言います)。

 

そして、更新や途上与信のタイミングで、任意整理をしたという情報を見たカード会社は、「この人はブラックだ!」と判断し、あなたとの契約を解除します。

 

そのため任意整理では、手続きの対象から外したクレジットカードも、手続き後に使えなくなってしまうのです。

 

任意整理でブラックリスト入り

 

信用情報機関からブラック情報が消えるには、一般的に5〜7年かかると言われています。

 

本当に自分のブラック情報が消えたかどうかは、各信用情報会社で確認することができるので、任意整理から5〜7年が経過した人は、事前にチェックしておきましょう。

 

 

*情報の開示には手数料がかかります(各1,000円程度)

 

クレジットカードの契約解除と同時にポイントも消滅する

 

クレジットカードの契約が解除されると同時に、クレジットカードのポイントも消滅します。

 

カード解約でポイントも失効

 

これは、楽天カードのRポイントなどのような、有効期限付きのポイントに限った話ではありません。

 

セゾンカードの永久不滅ポイントや、アメックスやダイナースなどの有効期限のないポイントも、全て同様に消えてしまいます。

 

任意整理をすると、クレジットカードそのものの契約が強制的に解除されるので、あくまでオマケであるポイントは、当然すべて無効となってしまうのです。

 

任意整理によってクレジットカードが止まり、ポイントが無くなると、そのポイントを取り戻すことは出来ません。

 

また、任意整理の対象にしたクレジットカードは、ブラック情報が消えた後でも二度と作ることはできないので、ポイントを貯めることができません。

 

 

ETCやTカードなど、他機能と一体型のカードもポイントが失効する?

 

では、高速料金の支払いに利用するETCカードのETCマイレージポイントや、TSUTAYAレンタルに使用するTカードのTポイントなど、他機能と一緒になっているカードはどうなるのでしょうか?

 

任意整理をするとETCカードが持てなくなりマイレージポイントも消滅!しかしETCパーソナルカードへポイントの移行が可能

 

まずETCカードについてですが、任意整理などの債務整理をすると、クレジット一体型ETCカードも契約解除となり、5〜7年間は持つことができなくなります。

 

なので、ETCカードの停止と同時にマイレージポイントも全て消滅、ということになります。

 

ただETCカードに関しては、債務整理後でも、最低40,000円のデポジット(保証金)を払えば、支払いが銀行引き落とし形式の「ETCパーソナルカード」を持つことが可能です。

 

そしてETCマイレージサービスでは、ポイントの移行ができるので、任意整理前にETCパーソナルカードを購入しておけば、クレジットタイプのETCカードで貯めたポイントを、パーソナルカードに移行することができます。

 

ETCパーソナルカードへ移行

 

ETCカードをお持ちで、任意整理を検討している方は、ETCパーソナルカードを入手して、マイレージ登録をする前に、ポイントの移行手続きをしておきましょう。

 

ポイントの移行は下記のリンクからできますよ。

 

ETCマイレージサービスHP | 登録カードの変更 (外部リンクが開きます。)

 

 

任意整理でクレジット付きTカードは解約されるが、事前にポイントの移行が可能

 

次にTSUTAYAのレンタルカード(Tカード)ですが、クレジット一体型のものは解約となる可能性が非常に高いです。

 

そのため任意整理をすると、クレジット機能と同時に、レンタル機能とT-POINTも失効してしまうのです。

 

しかし、Tポイントには移行機能が付いているので、クレジットカードのTポイントを、クレジット機能なしのT-CARDや、ファミリーマートなどで発行されているTポイントカードに移すことができます。

 

Tポイントも移行できる

 

なので、クレジットカードのTポイントをお持ちの方は、クレジット機能なしのTポイントカードを作り、ポイントを移行することをオススメします。

 

ポイントの移行は下記のリンクから可能です。

 

Tサイト | Tカードポイント移動手続き (外部リンクが開きます。)

 

 

ポイントは失効前に景品やマイル、電子マネーに交換しておこう

 

すでにご説明した通り、任意整理でクレジットカードが解約されると、同時にクレジットポイントも消えてしまいます。

 

せっかく貯めてきたポイントが一気に無くなるなんて、ショックですよね……。

 

そうならないためにも、任意整理の手続きをする前に、ポイントを景品やマイル、電子マネーに交換しておきましょう!

 

ポイントを失効前に景品に交換しておく

 

クレジットカードポイントの使い道で最も多いのが、景品への交換です。

 

カード会社によって異なりますが、日用品や食品、宿泊券などと交換できるポイントサービスがあります。

 

また、百貨店や大型スーパーなどで使える「商品券」に交換できるポイントもあります。

 

なので、任意整理の手続き前に交換しておくと、ポイントを無駄にしなくて済みますよ!

 

ポイントを景品に交換しておく

 

ただし、ポイントの景品への交換する場合、景品が手元に届くまで3週間から1ヶ月程度の時間がかかることが多いようです。

 

到着前に任意整理手続きを開始すると、景品が手に入らない場合もあるので、クレジットカードのポイントを景品に交換する場合は、早めの段階で手続きをしておきましょう。

 

ポイントが消える前にマイルへ交換する

 

クレジットカードのポイント景品には、他のポイントやマイルへの交換というものもあります。

 

代表的なもので言えば、楽天ポイントやTポイント、ANAマイレージクラブポイント(AMC)などがあります。

 

ポイントをマイルやなどへ交換

 

こうしたポイントやマイルに交換しておけば、普段のお買い物や旅行の際に、ポイントを役立てることが可能です。

 

ただしポイントやマイルへの交換も、1ヶ月程度時間がかかることが多いので、任意整理をする数ヶ月前には、手続きを終える必要があります。

 

ポイントは消滅前に電子マネーに交換できる

 

クレジットカードで貯めたポイントを、そのまま現金にすることはできません。

 

しかし、カード会社によっては、ポイントをキャッシュバックしたり、WAONやSuica、Edyなどの電子マネーに移行したりできるサービスがあるので、こちらを利用しましょう。

 

ポイントを電子マネーなどへ交換

 

キャッシュバックの場合、ポイントに応じた金額を、カードの利用料金や会員費の支払いに使うことができます。

 

電子マネーの場合は、所有ポイントに応じて、利用可能ポイントを貰えます。

 

なので、電子マネーを使ったお買い物や、電車・バスなどの公共交通機関の移動では、現金と同じように使用することができるのです!

 

特に電子マネーへの交換は、景品やマイル、ポイントへの交換に比べて、短期間で手続きが終わるケースが多いので、任意整理前の忙しい時期でも、ポイントの交換が可能です。

 

 

せっかく貯めたクレジットポイントを無駄にしないためにも、任意整理手続きの前に、ポイントを交換しておきましょう!

 

 

※こちらに記載した交換内容や条件はあくまでも一例です。詳しくはご契約されたカード会社のポイントサイトでご確認下さい。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

任意整理をすると、あなたのブラック情報がカード会社に共有されるので、手持ちのカードは解約となり、5〜7年間は新規カードの作成ができません。

 

そしてそれと同時に、クレジットカードのポイントも失効となってしまいます。

 

対処方法としては、ポイントの移行や景品への交換があるので、任意整理手続きの前に移行や交換を済ませておくと、ポイントを無駄にしなくて済みますよ。

 

ただし、任意整理の対象とするカード会社のポイントを、任意整理の直前に交換してしまうと、借金の減額交渉や、返済期間の延長に、影響が出る可能性も考えられます。

 

また自己破産の場合、手続き前にポイントの交換をおこなうと、ポイントの額によっては借金の支払い免除がされないことがあるので、注意してください。

 

弁護士や司法書士などの専門家に、ポイントを還元してもいいかどうか、事前に相談しておくのが1番良いですよ!

 

借金がいくら減るか今すぐ計算

 

あわせてよく読まれている記事



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求