ページTOPへ

任意整理の費用の内訳と相場はいくらですか?また、分割払いも出来ますか?

任意整理の費用の内訳と相場はいくらですか?また、分割払いも出来ますか?

任意整理の費用の内訳と相場はいくらですか?また、分割払いも出来ますか?

> >任意整理の費用の内訳と相場はいくらですか?また、分割払いも出来ますか?

 

任意整理の費用についてまとめ

 

任意整理は、借金を利息カットにより減額し、原則3年間に渡って分割で返済することが可能になる、債務整理手続きのひとつです。

 

では、専門家に依頼した場合、債務整理費用はどれくらいの金額になるのでしょうか?

 

こちらでは、借金問題を解決に導く任意整理の、費用の相場支払い方法についての疑問を解決します。

 

借金の無料診断シミュレーター

 

もくじ

 

  1. 任意整理にかかる費用の相場と内訳!相談料、着手金、成功報酬と過払い報酬について
  2.  

  3. 任意整理の費用は分割払いが出来る!?任意整理費用の支払いの流れ

 

 

任意整理にかかる費用の相場と内訳!相談料、着手金、成功報酬と過払い報酬について

 

任意整理の費用は、依頼する相談所や法律事務所によって異なります。

 

では、具体的にどのような費用が必要になるのでしょうか?

 

任意整理にかかる費用は、大きく分けて4つ、「法律相談料」「着手金」「成功報酬」「過払い報酬」です。

 

  • 任意整理が出来るかどうか相談に乗ってもらう「法律相談料」
  •  

  • 任意整理手続きを始めてもらうための「着手金」
  •  

  • 任意整理を終えたときに専門家に支払う「成功報酬」
  •  

  • 過払い金があった場合、過払い金返還請求に必要な「過払い報酬」

 

基本的には、初期費用として支払うのは相談料と着手金のみという事務所が多いのが現状です。

 

しかし、初めて専門家に依頼する方にとって、法律専門家への相談は敷居が高いものですよね。

 

「具体的に何にいくらかかるか」という内訳が分からないと、支払うのは不安かと思いますが、だからといって直接専門家に聞くのも気が引けてしまうのではないでしょうか。

 

こちらでは、任意整理の費用の内訳と相場について、詳しく説明していきます!

 

任意整理が出来るかどうか相談に乗ってもらう「法律相談料」

 

最近では、相談料が無料の事務所が増えています!

 

相談料にも、電話やメールで問い合わせる時に必要な相談料と、法律家との面談に必要な面談料の2種類があります。

 

最近では、電話やメールでの相談料が無料の相談所や法律事務所が多いようです。

 

その他にも、初回相談料無料24時間相談可能土日祝も対応全国出張面談可能の相談所があるので、色々な法律系事務所でお話を聞いておくと、自分の都合に合った事務所を選ぶことができます!

 

また面談も債務整理でご相談の方は無料!という事務所が増えてきているので、相談料が無料の相談所や法律事務所を選べば、「困っているけど相談料が払えない……」とお悩みの方も安心できますね。

 

「とにかく料金が不安!」という方は、事前に任意整理に必要な費用の概算を教えてくれる事務所に、無料相談で問い合わせてみるといいでしょう。

 

任意整理手続きを始めてもらうための「着手金」

 

着手金(「基本報酬」とも呼ばれます)とは、専門家の先生に任意整理手続きをしてもらうために必要な費用です。

 

任意整理の着手金は、1社につき約2〜5万円が相場と言われています。

 

つまり、もし3社分の借金を任意整理したいのであれば、着手金×3の金額が必要となります。

 

最近では、着手金が無料となる事務所もあるようなので、「とにかく安く任意整理がしたい!」という方は、あらかじめチェックしておくといいですね。

 

着手金の金額は相談所や法律事務所によって異なるので、無料相談などを利用して、事前にしっかりチェックしてから依頼をしましょう!

 

任意整理を終えたときに専門家に支払う「成功報酬」

 

成功報酬は、任意整理によって減額できた借金の金額によって変わってきます!

 

一般的に、減額できた借金総額の10〜20%で設定されている相談所や法律事務所が多いようです。

 

つまり、もし50万円の借金を減らすことができたら、5〜10万円の成功報酬を支払うことになります。
(あくまでも参考の数値になります!)

 

「相談料が無料で、着手金も安かったのに、成功報酬が高い……」なんてことにならないためにも、事前にに問い合わせてみましょう!

 

過払い金があった場合、過払い金返還請求に必要な「過払い報酬」

 

相談所や法律事務所では、任意整理をおこなう前に、まず過払い金が発生していないかを調査しています。

 

過払い金とは、違法な利率で払ってしまった借金の、必要以上に払っていた利息分を指す言葉です。

 

もし過払い金が発生していれば、過払い金請求をおこない、返ってきたお金を借金の返済に回したり、借金そのものがなくなったりする場合もあります!

 

この過払い金返還請求が成功したときに支払うのが、「過払い報酬」です。

>>過払い金返還請求についてはこちら

 

「過払い報酬」は、取り戻した金額の約20%前後に設定されている法律系事務所が多い傾向にあります。

 

なので、もし50万円の過払い金返還請求に成功したら、10万円前後の過払い報酬が必要になります。
(あくまでも参考の数値です!)

 

もちろん、過払い金がない場合は、過払い報酬は発生しません。

 

任意整理の費用の相場

 

まとめると、次のようになります。

 

任意整理の費用の相場まとめ

 

任意整理では、あなたの借金状況によって費用が大きく左右されます。

 

また、上記の費用に加えて、事務手数料などが必要となる場合もあります。

 

なので、無料相談を使って専門家に直接費用を聞くのが最も良い方法になるでしょう。

 

任意整理費用のメリットは、自己破産や個人再生よりも、費用が安く済む傾向にあるという点です!

 

匿名&無料で弁護士や司法書士に相談できるサービスもありますので、まずは一度聞いてみることをオススメします!

 

借金の無料診断シミュレーター

 

 

任意整理の費用は分割払いや後払いが出来る!?任意整理費用の支払いの流れ

 

任意整理の費用の支払い方法は、相談所や法律事務所によって異なっています。

 

しかし近年では、費用の分割払いや後払いが可能な相談所や法律事務所も増えています!

 

では、どのような流れで費用を支払うことになるのでしょうか。

 

こちらでは、任意整理費用の支払いの流れをご説明します!

 

任意整理費用の支払いの流れ

 

まず、法律専門家に任意整理を依頼すると、弁護士・司法書士があなたの代理人になったことを貸金業者に伝える「受任通知」によって、借金の取立てが止まります。

 

借金の督促が止まり、任意整理手続きが終わるまで、約3〜6ヶ月が必要と言われています。

 

つまり、手続きが終わり、債権者への返済が開始されるまでの間は、借金の支払いをしなくていい、ということです。

 

なので、「費用が用意出来ない!」という方も、借金の支払いが停止いている間に、月々の支払い分を任意整理の費用に回すことが出来るんです!

 

では今一度、任意整理費用の支払い方法を確認しましょう!

 

任意整理費用の支払い方法

 

前払いの場合は、弁護士/司法書士に依頼するタイミングで、費用の全額を一括で支払います。

 

後払いの場合は、手続き終了後に分割で支払うことになるので、借金の支払いが停止している間に費用を貯めたりすれば、無理のない支払いが可能になります。

 

分割払の場合は、手続き終了後までの間に、毎月少しずつ専門家に費用(予納金)を分割払いする、「積み立て」という方法で支払っていくことになります。

 

後払いと分割払いの場合は、借金の返済に追われることなく任意整理費用の支払いが出来るのがポイントです。

 

「一気に全額は支払えない……」という方でも、分割払いや後払いなどが可能な相談所や法律事務所を選べば、無理なく確実に費用の支払いが出来ますね!

 

費用が心配な方は、次のようなポイントから弁護士事務所・司法書士事務所を選んでみましょう。

 

  • 相談料・面談料が無料
  •  

  • 丁寧な対応で、豊富な実績がある
  •  

  • 無料相談のときに任意整理に必要な費用を回答してくれる
  •  

  • 費用の分割払いや後払いが可能

 

手続き中に弁護士費用が支払えなくなったり、滞納したりすると、任意整理手続きが出来なくなる可能性があります。

 

無理なく任意整理をおこなえるよう、事前にしっかりチェックしておきましょう。

 

借金がいくら減るか今すぐ計算

 

 

あわせてよく読まれている記事



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求