ページTOPへ

任意整理の期間はどれくらい?手続きと返済、信用情報回復までの期間

任意整理の期間はどれくらい?手続きと返済、信用情報回復までの期間

任意整理の期間はどれくらい?手続きと返済、信用情報回復までの期間

> >任意整理の期間はどれくらい?手続きと返済、信用情報回復までの期間

 

任意整理にかかる期間まとめ

 

任意整理とは、借金の減額と月々の支払額の変更を交渉する手続きです。

 

貸金業者との直接交渉のため、裁判所に行く必要がなく、比較的簡単な債務整理として知られています。

 

さらに自己破産や個人再生と比べて手間が少ないので、他の債務整理より期間が短くなる傾向にあります。

 

弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合、任意整理に必要な期間は約3〜6ヶ月、整理した借金の返済期間は平均3〜5年間です。

 

また任意整理後は信用情報に傷がつくので、5年程度はカード・ローンが使えません。

 

こちらでは任意整理の期間とその手続き内容について、詳しく説明していきます!

 

もくじ

 

  1. 任意整理の手続き期間と流れ
  2.  

  3. 任意整理の返済期間
  4.  

  5. 任意整理で信用が回復するまでの期間

 

 

任意整理の手続き期間と流れ

 

任意整理は、債権者との交渉によって借金を減らしたり、月々の支払額を変更したりする手続きです。

 

手続きに必要な期間は平均3ヶ月、長くても半年程度と言われています。

 

任意整理は3〜6ヶ月で終わる

 

では、どのような流れで手続きが進んでいくのでしょうか?

 

こちらでは任意整理の流れとおおよその期間について、詳しく説明します!

 

任意整理の流れ

 

任意整理の具体的な流れは、次のようになります。

 

@専門家に依頼

 

まずは弁護士・司法書士に任意整理の依頼をします。

 

このとき専門家はあなたの代理人となったことを貸金業者に知らせるために、受任通知を送ります。

 

受任通知を送ると、借金の支払いが一時的に止まり、取立てと督促も停止します。

 

受任後の費用支払いがOKな事務所であれば、この間に弁護士・司法書士費用を貯めることができます。

 

この場合、安定した収入があれば手持ちがなくても手続きができる、というのがメリットですね。

A取引履歴の開示請求

 

次に、貸金業者にあなたの借入・返済の履歴を見せてもらいます。

 

大多数の会社が素直に履歴を開示してくれるので、明細などを失くしてしまっても大丈夫ですよ。

 

取引履歴は個人で取り寄せることも可能です。

B利息制限法に基づく引き直し計算

 

違法な利息を取られていなかったか、専門家が計算します。

 

もし違法な利子を払っていたことが発覚した場合、「過払い金」として返還を求めます。

 

過払い金はそのまま返済に回せるので、借金を大幅に減らすこともできます。

C減額・分割返済の交渉

 

弁護士・司法書士が利息カット、過払い金返還請求、分割払いの交渉をします。

 

大体の場合、3〜5年間での分割返済で和解が成立します。

 

ただし、希望の返済期間が長すぎたり、取り引きの期間が短かったりすると、和解ができない場合もあるので注意しましょう。

D和解成立・返済スタート

 

借金の返済がスタートします。

 

以上が任意整理の流れとなります。

 

任意整理手続きの期間

 

ではそれぞれの手続きに、どれくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

任意整理手続きに必要な期間

 

スムーズに手続きができた場合は、約3ヶ月程度で任意整理が終わります。

 

過払い金が発生していたり、貸金業者が和解を渋ったりした場合は、6ヶ月程度まで長引くこともあります。

 

もちろん依頼する事務所やあなたの債務状況によって変動します。

 

しかし任意整理を専門家に依頼すると、交渉を代理人である専門家がおこなってくれるので、ほとんど手間を掛けずに債務整理ができます。

 

よりスムーズに手続きするには、依頼の段階で次のものを用意しておくといいですよ。

 

  • 身分証明書(免許証・パスポート)
  • 任意整理したい消費者金融のカード、クレジットカード、契約書(あれば)
  • 預貯金通帳
  • 本籍の記載された住民票
  • 源泉徴収票など、収入がわかるもの
  • 印鑑

 

以上が任意整理の依頼時に必要とされる、一般的なものです。

 

こちらも弁護士・司法書士事務所によって異なるので、依頼する前に確認しておきましょう!

 

 

任意整理後の返済期間

 

手続きが終わったら、いよいよ返済スタート!です。

 

任意整理の返済期間は一般的に3〜5年程度と言われていますが、返済期間を延ばしてもらうように交渉することも可能です。

 

任意整理の返済は平均5〜7年

 

こちらでは、任意整理の返済にかかる期間について詳しく説明していきます。

 

任意整理で利子をカットした借金は、原則3年(36回)で返していくことになります。

 

でも、なぜ3年なのでしょうか?

 

それは裁判所でおこなう債務整理のひとつ「個人民事再生」の返済期間が、原則3年間と決められているからです。

 

しかしご存知の通り、任意整理は裁判所を通さない和解交渉です。

 

つまり専門家の交渉次第で、3年(36回)よりも長い期間での返済を交渉できます。

 

一般的に5年(60回)までは交渉可能、と言われています。

 

ただしあくまでも交渉なので、逆に「もっと短い期間で返して」と要求されることがあります。

 

また、あまりにも長い返済期間を希望したり、借金額が多すぎたり、返済できる収入がなかったりすると、和解に応じてくれなくなる可能性が出てきます。

 

慎重に無理のない返済計画を立てて、円滑に和解が成立するように、専門家に相談するといいですよ。

 

 

任意整理で信用が回復するまでの期間

 

任意整理後の返済が終わっても、任意整理の影響は残ります。

 

任意整理をおこなうと、貸金業者からあなたへの信用がなくなるので、クレジットカードやローンの利用が一切できなくなります。

 

では信用が回復するまでに、どれくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

こちらでは任意整理後に信用が回復するまでの期間について、詳しく説明します。

 

完済しても任意整理の影響は残るので、注意が必要です。

 

任意整理をするとあなたの信用情報に傷がつき、いわゆるブラック状態になります。

 

その結果、クレジットカードや新規ローンが利用できなくなるんです。

 

また携帯電話やスマホ機種の分割購入もローンに該当するので、購入時には一括で支払う必要があります。

 

信用が回復するには5年程度必要なので、手続き後から数えて5年以上はカード・ローンなどが使えません。

 

カードやローン契約は5年後以降

 

あなたの信用情報(事故情報)は、以下の3ヶ所の信用機関で確認ができます。

 

  • CIC(指定信用情報機関)
  •  

  • JICC(日本信用情報機構)
  •  

  • 全国銀行個人信用情報センター

 

信用が回復しないままカード・ローンの申し込みをしても、審査に通ることはありません。

 

また審査落ちも信用情報に残ってしまうので、「どうしてもカードが欲しい!」とむやみに申し込みを続けると、信用が回復しても審査に通りにくくなってしまいます。

 

任意整理後の返済が終わったら、まずはこの信用情報機関に問い合わせて、あなたの情報を開示してもらいましょう。

 

信用の回復が確認できたら、ようやくあなたの任意整理は本当の終わりを迎えます!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

任意整理の手続きに必要な期間は3〜6ヶ月で、返済は原則3〜5年間となっています。

 

また任意整理をすると信用情報に傷がつくので、手続き開始から5年程度はクレジットカードが使えなくなります。

 

つまり、任意整理の手続き、支払い、信用の回復までで、合計約5年程度の期間が必要となります。

 

計画的な返済を続けるためにも、弁護士・司法書士と相談して、無理のない返済計画を立てるのがオススメです!

 

借金がいくら減るか今すぐ計算

 

 

あわせてよく読まれている記事



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求