ページTOPへ

個人民事再生とは?手続きの流れや費用、メリット、デメリットを解説

個人民事再生とは?手続きの流れや費用、メリット、デメリットを解説

個人民事再生とは?手続きの流れや費用、メリット、デメリットを解説

>個人民事再生とは

 

借金を大幅減額する個人民事再生

 

「個人民事再生」とは、住宅ローンを除いた借金を、裁判所を通して大幅に減額してもらい、3年間にわたって分割で支払っていく手続きです。

 

 

 

個人民事再生では、自己破産とは異なり財産を手放す必要がないので、住宅や高額な財産を持っている方におすすめです(ローンの残っている車などは除きます)。

 

また、資格や仕事を失わないので、今と変わらない生活をしながら、計画的な借金返済が可能に。

 

さらに借金の理由が問われないので、条件を満たせばどんな方でも手続きができます!

 

個人民事再生なら、今と変わらない生活をしながら、計画的に借金が返せますよ!

 

 

借金の無料診断シミュレーター

 

 

 

 

個人民事再生の対象となる方

 

  • 借金の総額が5,000万円以下の方
  • 継続して安定した収入を得る見込みがある方

 

 

 

 

個人再生の種類

 

個人民事再生には、「小規模個人再生」「給与所得者等再生」の2種類があります。

 

  • 「小規模個人再生」では、借金総額の半分以上をしめる債権者(お金を借りている相手)の同意が必要です。

    「賛成してくれないのでは?」と思う方もいらっしゃいますが、債権者のほとんどは少しでもお金を返してほしいという理由から、賛成することが多い傾向にあります。
    また、賛否の届出をしなかった債権者は、「賛成」あつかいになります。

  •  

  • 「給与所得者等再生」では反対に、債権者の同意は必要ありません。

    しかし、過去7年以内に破産法に基づく免責決定(借金の支払い免除)を受けていないことが条件となります。

 

一般的に、小規模個人再生のほうが、給与所得者等再生に比べて、借金を多く減らしてもらえる傾向にあります。

 

この判断には専門知識が不可欠なので、専門家への相談が得策ですよ。

 

 

 

 

個人再生で借金がいくら減らせるか

 

個人民事再生によって減額された借金は、「最低弁済額」と呼ばれます。
この金額を、手続き終了後に支払っていくことになります。

 

この「最低弁済額」は、以下の3つの基準で決まります。

 

@負債額から算出する方法

 

借金の総額

弁済額

100万円以下

全額

100〜500万円

100万円

500〜1,500万円

借金総額の5分の1

1,500〜3,000万円

300万円

3,000〜5,000万円

借金総額の10分の1

A財産から算出する方法

 

あなたがいま持っているもので、裁判所が「財産」だと判断するもの(不動産、車、預貯金、生命保険など)を、すべて現金に換算したときの総額。
これを「清算価値保障原則」と呼びます。

B収入から算出する方法

 

あなたの収入から、住民税・所得税などの税金、社会保険料や必要最低限の生活費を差し引いた金額(これを「可処分所得」と呼びます)の2年分。
つまり「月収−税金や生活費=残りの金額×24」が、返済額になります。

 

「小規模個人再生」の場合は、@とAをくらべて、高いほうの金額を3年間(36ヶ月)で支払っていきます。

 

「給与所得者等再生」の場合は、@とAとBのなかで、1番高い金額を3年間(36ヶ月)で支払っていきます。

 

100万円以下の場合は最低弁済額が全額となりますので、任意整理や自己破産の検討がおすすめです。

 

 

 

 

個人民事再生のメリット

 

  • 住宅など、高価な財産を手放さなくてよい。
  • 自己破産と違い、住宅ローン以外の借金を大幅に減額できる。
  • 自己破産と違い、資格や仕事の制限がない。
  • 自己破産と違い、借金の理由が問われない。

 

 

個人民事再生のデメリット

 

  • ローンの残っている住宅以外の財産(車など)は、引き上げられる。
  • 信用情報機関・官報に掲載される。
  • 5年程度は新たな借入れ、ローンやカードの利用が制限される。
  • 任意整理と違い、整理する借金を選ぶことはできない。

 

 

 

 

個人民事再生の流れ

 

@ お客様の借り入れ状況や収支状況を教えていただきます

A 依頼

B 個人再生委員との面接(ご依頼者様の出頭が必要

C 手続き開始決定・積み立てトレーニング開始

D 債権額の調査・確定

E 再生計画案の提出

F 再生計画案に対する書面決議または意見聴取(ご依頼者様の出頭が必要

G 再生計画の認可・不認可決定

H 再生計画の認可・不認可決定確定

I 弁済がスタートします

 

 

 

 

個人民事再生Q&A

 

個人民事再生の質問やお悩みにお答えしています!
個人再生について分からないことはこちらで解決しましょう!

 

個人民事再生のお悩み相談所


 

 

 

 

個人再生で借金を減らしてみる

 


トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求