ページTOPへ

自己破産の少額管財事件に必要な「破産管財人」って何をする人?

自己破産の少額管財事件に必要な「破産管財人」って何をする人?

自己破産の少額管財事件に必要な「破産管財人」って何をする人?

> >自己破産の少額管財事件に必要な「破産管財人」って何をする人?

 

Q.13 自己破産の少額管財事件に必要な「破産管財人」って何をする人?

 

A.  「破産管財人」とは、自己破産の破産手続きが開始された時に、裁判所が選任する弁護士です。

 

あくまで裁判所が選ぶ弁護士なので、あなたが依頼する弁護士とは別人です。

 

「破産管財人」は、「少額管財事件」の場合にのみ、選出されます。

>>「同時廃止事件と少額管財事件の違いは?」

 

「破産管財人」がすることは、以下の通りです。

 

  • あなたの財産の「管理」
  •  

  • どの財産が処分可能かなどを調べる「調査」
  •  

  • どの財産にどれ程の価値があるかを調べる「評価」「換価」
  •  

  • あなたの財産を借金の代わりに債権者に配当する「処分」

 

つまり、「破産管財人」はあなたの財産の管理者となるわけです。

 

「自己破産(少額管財事件)」では、「破産管財人」が決定するのと同時に、あなたは自分の財産の管理・処分権を失います。

 

そしてあなたの代わりに財産を換価(=現金に換算)し、それを支払えなかった借金の代わりにして債権者に支払うのが、「破産管財人」の役目となります。

 

借金の無料診断シミュレーター

 

 

自己破産のお悩み相談所



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求