ページTOPへ

自己破産で差し押さえられる財産って?何が手元に残せる?

自己破産で差し押さえられる財産って?何が手元に残せる?

自己破産で差し押さえられる財産って?何が手元に残せる?

> >自己破産で差し押さえられる財産って?何が手元に残せる?

 

Q.6 自己破産で差し押さえられる財産って?何が手元に残せる?

 

A.  高価な財産や多額の現金は差し押さえの対象になりますが、生活に必要なものや一定の現金は手元に残すことができます。

 

「自己破産」の「破産」手続きでは、高価な財産が差し押さえられ、借金の支払いの代わりに債権者へ配当されます。

 

具体的には以下の通りです。

処分されるもの

  • 現価20万円以上の財産(車や家を含む)
  • 100万円以上の現金

 

処分されないもの

  • 自由財産(生活に必要な最低限の衣服・寝具・家具・台所用品など)
  • 現価20万円以下の財産
  • 99万円以下の現金
  • 破産後に取得した新しい財産

 

自分の財産が処分対象となるかどうか分からない方は、専門家への相談が得策です。

 

借金の無料診断シミュレーター

 

 

自己破産のお悩み相談所



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求