ページTOPへ

どのくらいの借金から自己破産ができますか?

どのくらいの借金から自己破産ができますか?

どのくらいの借金から自己破産ができますか?

> >どのくらいの借金から自己破産ができますか?

 

Q.2 どのくらいの借金から自己破産ができますか?

 

A.  「支払い不能認定」が受けられれば、借金の金額に関わらず自己破産が可能です。

 

「支払い不能認定」とは、借金の支払いができないことを、裁判所に認めてもらうことです。

 

どのように判断すれば良いかは、下の計算を参考にしてみてください。

 

まず、@まだ返していない借金の元本の総額を計算し、その金額を「36」(3年/36ヶ月)で割ってみましょう。

 

次に、A「月収から必要な生活費(住居費、食費など娯楽以外のもの)を引いた金額」を計算します。

 

@の金額は、あなたが月々返さなければいけない借金です。

 

Aの金額が、あなたが無理なく返済できる借金の月額です。

 

もし@の金額が、Aの金額を上回っていたら、あなたは「生活を圧迫せずに借金の返済ができない人」となるので、「自己破産」が可能です。

 

逆に@の金額が、Aの金額よりも少ないのであれば、あなたは「生活を圧迫せずに借金の返済ができる人」となるので、「任意整理」が可能です。

 

また、無理のない返済が不可能で、手放したくない財産(マイホームなど)がある場合は、高価な財産の引き上げがない「個人民事再生」が適しています。

 

借金の無料診断シミュレーター

 

 

自己破産のお悩み相談所



トップページ 債務整理 任意整理 自己破産 個人民事再生 過払い金請求